突然のトイレの水漏れ!原因を突き止めよう

突然のトイレの水漏れ!原因を突き止めよう 家の中でも特に、水回りは突発的なトラブルが起きやすい部分です。例えばパイプが詰まって、水が流れなくなったり、水漏れしたりすることがあります。お風呂や台所、トイレといった家族が毎日使っている、水を使う場所は定期的にメンテナンスが必要です。トイレの水漏れは特に早く解決したい場所の一つです。見ただけで場所が特定できるときもありますし、そうではないこともあります。
修理業者を呼ぶ前に、まず応急処置ができると安心です。トイレ 水漏れを発見したら、まずどこから漏れているか確認しましょう。次に、自分でできる応急処置を行えるようなら実施するとよいでしょう。

■給水管や止水栓

トイレといっても様々なタイプがあります。ここでは一般的な家庭で使用されている、洋式のタンク付きのタイプについて説明させていただきます。
まず、壁から出ている管をチェックします。この管から止水栓と呼ばれる、ボルトで接続された栓があります。トイレに入っている水の元栓のような部分です。それで水を止めたり、水の勢いを調整する時にボルトを緩めたりしめたりします。普段は触ることのない部分ですが、この栓をとめてしまえば水漏れは止めることができます。トイレ 水漏れの原因が分からない時、修理に時間がかかりそうなときに、ここの栓をしめると応急処置ができます。
次に、給水管をチェックします。給水管とは止水栓から先にのびている部分で、タンクへの接続部をさします。ナットで接続された管の接続部分から水が漏れていたら、パッキンなどの消耗、経年劣化が考えられます。
パイプとそれに接続されている部分が原因ではないなら、それ以外の部分を確認します。目視でチェックしにくい部分もありますが、じっくり観察していきましょう。

■タンクと便器の間
タンクと便器の間は見えにくいですが、時に少量の水漏れが起こる箇所です。ほとんどの原因は、三角タンクのトイレで起こります。手洗い管に接続するためのホースが摩耗していたり、タンクの排水弁に設置されているパッキンが劣化していることが考えられます。
タンクのフタとタンク部はフタを載せているだけ、という場合が多く、接続部分が経年劣化して水が漏れやすくなっている場合もあります。陶器のフタの一部が欠けたりすると、どうしようもないですが、特に急ぐ修理でもないので、シーリングテープなどを貼って処置している場合もあります。しかし長い目で見ると、この部分が壊れているようなら、買い替えなど、思い切ったリフォームの時期に来ているのかもしれません。

■タンクの中

水を流したら、ずっと流れ続けて水が止まらないという経験をしたことがあるという人もいるでしょう。タンク内に溜まるべき水が溜まっていかないためのトラブルです。いくつかのの原因が考えられます。規定の水位まで水が溜まらないことか、水位以上になってあふれてしまうことがあります。タンク内にはいくつかの部品があります。ボールタップは、タンクの水が溜まったことを伝える部品ですがこれが故障すると、タンク内の水が止まらなくなります。タンク内の排水栓の役割を担うゴムフロートバルブが摩耗していて水が止まらないということもあります。

■まとめ
トイレのトラブルは、どこで水漏れが起こっているかを特定することから始まります。目で確認できる止水栓などの配管部なら、止水栓をしめて、接続されたボルト部をしめなおしたり、テープをはって、とりあえずの処置をすると良いでしょう。
タンク付近やフタ、及びタンク内のトラブルは、部品交換が必要なことがほとんどです。原因が分からない場合は、タンク内の写真を撮っておくと原因が探しやすいこともあります。古いトイレなどで部品が調達できないなら、買い替えの時期が来ていることも考えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース